<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0110713_1963598.jpg示唆に富む小説である。著者の作品は『素粒子』しか読んでいないのだが、それに比べると、ずいぶん読みやすくなっている。小説の核となる部分は近未来を扱っているが、それほど遠い未来ではない。舞台はフランス。主人公はパリ第三大学教授フランソワ。専門は若い頃から愛読してきた作家、『さかしま』で知られるジョリス=カルル・ユイスマンスである。

ユイスマンスといえば代表作『さかしま』が、あまりに有名なことからデカダンスの作家のように受け止められているが、その後の著作、『彼方』や『出発』などを読めば分かるように、世俗の快楽を追求する生活からカトリックへの改宗に至る、自身の改心を文学上の主題にした作家である。わざわざそういう作家を専門とする大学教授を主人公に据えたのは、当然主人公の生活をユイスマンスのそれと重ね合わせるつもりがあってのことだろう。つまり、世俗的な快楽の追求から宗教的改心へと至るストーリー展開が透けて見える。

事実、主人公の人生はパリ第四大学に提出した博士論文『ジョリス=カルル・ユイスマンス、または長いトンネルの出口』を書き終えた時点で頂点を迎える。論文は高い評価を得て、彼は第三大学准教授に迎えられる。高い社会的地位、安定した収入、学術雑誌への寄稿、フランソワは望みうるものはすべて手に入れた。彼に出世欲はなく、常に社交がつきまとう学内政治にも無関心である。どだい政治というものに関心がない。人嫌いの無神論者で興味があるのはユイスマンスを除けば酒、煙草、料理、と性交の対象としての女につきる。

しかし、さすがに四十台を過ぎると肉体的機能は衰えを感じ、性欲も減退気味。ミリアムという女子学生との関係は保っているが、結婚には懐疑的である。自分の人生はこれからどうなるのかという漠然とした不安を感じはじめた時、突然それは起こる。二〇二二年、大統領選挙で第一党をとった極右の国民戦線を抑えるため、第二党を争う社会党とイスラーム同胞党が手を結んだ結果イスラーム政権が誕生する。共和国政府で長年くり返されてきた、中道右派と左派が政権を交換するというシステムが崩壊したのだった。

イスラーム同胞党を率いるモアメド・ベン・アッベスという人物が魅力的に描かれている。穏健なイスラームであるベン・アッベスは、シャリーア実行を唱える強硬派とは異なり、左派である社会党との連携を保ちながらも、フランスを緩やかにイスラーム化していく。まず手をつけるのが教育である。学内でのスカーフ着用を禁じた報道が世界の関心を集めたが、共和国であるフランスでは教育の場で宗教色を誇示することは禁じられている。それではというので、公立学校に対する国家予算を大幅に減額し、イスラーム教育を行なう私立学校を設立。アラブのオイル・マネーを使い、良質な教育を求める学生を集める。果てはソルボンヌ大学までイスラーム化され、大学では女性教授は講義を許されず、男性もイスラーム教信者でなければ教授になれない。

これらのことがあれよあれよと進む様は、自国のクーデターめいた政局の変化を鑑みるに、なるほど大衆というのはそれまで当然と思っていたことが覆されることに、ほぼ無力であるなあ、とあらためて感心させられる。主人公が内戦を恐れ、パリを離れている間にユダヤ系であったミリアムはイスラエルに移住し、同僚の女性教授は退職、自分もまた退職して年金生活者となる。この間徐々にイスーラム化されてゆくフランスの風俗が描かれる。キャンパスではブルカ姿の女子学生が増え、街の女性からはスカートやワンピースが消えてゆく。主人公が食べる物もレンジでチンするインド料理からケータリングできるレバノン料理に変化している。

結果的に主人公は大学に戻ることになるのだが、そこに至るまでの経緯が面白い。ファウストを誘惑するメフィストフェレスさながらのこれもまた魅力的なパリ=ソルボンヌ・イスラーム大学新学長ロベール・ルディジェが登場する。フランソワは、とことん受身でセックス以外にやる気を見せない男だが、能力的には優秀で、例のユイスマンスの論文は学内外で評価が高い。多くの優秀な教授に退職されたパリ第三大学としてはフランソワに戻ってもらいたい。そのためには彼の改宗が必要だ。ベン・アッベスを信奉するルディジェはイスラーム教によってヨーロッパをローマ帝国化するという考えを諄々と説き聞かす。それによれば、キリスト教国家を中心とする今のヨーロッパは最早終焉しつつあり、これを生き返らせるにはイスラーム教しかない。南のモロッコやトルコ、アルジェリアなどはすでに射程に入っており、その規模は北方にも広がるはず、という拡大ヨーロッパの版図は危機に瀕する現在のユーロ圏をはるかに凌ぐものだ。家父長制の復権、家族という単位の重視、と次々に発せられる施策は反動的に思えるものばかりだが、ルディジェの口から聞かされるといちいちもっともに思えてくるから不思議だ。

徹底したノンポリの無神論者で女好き、アルコール好きの元大学教授というおよそイスラム教とは無縁の輩を攻め落とすルディジェの説得力ある議論がこの小説の眼目だろう。最後の決め手は一夫多妻制度、というのも皮肉が利いていて洒落れている。フェミニストならずとも、普通の女性は好感はもたないだろうし、その他の人種にもまずは反感を抱かせるだろう小説を皮肉や諷刺、苦いヒューモアをたっぷり利かせ、読ませる小説に仕立てたところがミシェル・ウエルベックならでは。蛇足ながら、表紙に訳者よりも解説者の名を大きく載せるのは如何なものか。解説自体それほどのものでもない。「訳者あとがき」でよかったのでは。
[PR]
by abraxasm | 2015-09-25 19:06 | 書評
e0110713_12421318.jpg愛犬フィデリオの異変にあわてたピーター・エルズは緊急サービスに電話した。それが事をややこしくしてしまった。やってきた二人組の刑事は、大量の本やCDで埋まった書棚、犬の死体、素人には不似合いな化学実験器具から何かを察知したのか、翌日別の二人組が現れ、実験器具やありふれた細菌である培養中のセラチナなどが没収される。帰宅途中、自宅に立ち入り禁止のテープが巻かれているのを車から見たエルズはとっさにその場を離れた。どうやらエルズにバイオ・テロの疑いがかけられたらしい。

引退した音楽教師であるエルズは、もともと化学専攻だった。不眠症対策も兼ねてネットで購入した実験器具や試薬を使いDNAの塩基配列を操作する、どこにでもいる日曜遺伝子工学者にすぎない。だが、時代が悪かった。9.11以後、炭疽菌が政府機関に送りつけられる事件があり、米政府はテロに神経を尖らせていた。このままでは無実を言い募ってもテロリストにされかねない。エルズは逃げることに決めた。幸い知人の山荘が空いていた。借りたスマホのナビを頼りに逃避行が始まる。

こう書くと、いかにもバイオ・テロを主題にしたサスペンス小説のようだが、その実態は全くちがう。エルズは小さい頃から音楽の天分に恵まれていた。継父が音楽専攻を認めなかったため、化学を専攻したが、クラリネット奏者として学内の楽団で演奏し、現代音楽を作曲する才能ある音楽家だった。逃亡中のエルズが、自分の置かれた状況を刻々と知るサスペンスを文字通り「宙吊り」にし、現在時と過去の回想が錯綜する。時間軸に沿って描かれるエルズの半生とは、友だちや恋人との出会いと別れなのだが、そのすべてに音楽が纏わりついている。

いわば、これはサスペンス小説の形を借りた、一人の挫折した音楽家の人格形成小説(ビルドゥングス・ロマン)である。聴衆より演奏家の方が人数が多いと揶揄される現代音楽は、その実験性、前衛性が災いして、大衆向きではない。それに携わる者は、当然のことながら有名な作曲家でもなければ飯が食えない。エルズは純粋に音楽を追求したいだけなのだが、結婚し、子どももできるとさすがに愛する妻でさえ、定職をもたない夫の作曲活動に理解を示そうとしなくなる。お定まりの離婚、失意による定めのない生活、という転落の人生。

起死回生をねらった友人リチャードの演出によるオペラの作曲だったが、宗教家による革命を描いたそれは、現実にそっくりの事件が起きたことにより、賛否の渦が巻き起こる。公演続行を主張する友人とそれを認めないエルズ。対立は避けられず、無二の親友とは絶交してしまう。その後昔の仲間の紹介で音楽教師の職につき、ようやく幸せな生活を得る。娘から贈られたレトリーバーのフィデリオとの暮らしを楽しんでいたエルズだったのだが…。

レコードが紙ジャケだった頃、裏面や同封の冊子にライナー・ノーツなるものがあり、それを読みながら、楽曲の主題や動機についての解説をたよりに、なるほど、と肯きながら聴いたものだ。自身が楽器に堪能であるらしい作家が持てる知識や薀蓄を総動員して、マーラー、メシアン、ケージなどの音楽を分析、解説を試みる部分はまさにそれ。通常のペダンティックという域を超えてしまっている。どちらかといえば、音楽を言語化するのが目的で、それを可能にするために、この設定を借りたのではないかとさえ思えるほど。音楽にさほど詳しくない評者でも、メシアンの『時の終わりのための四重奏曲』は改めて聴いてみたくらいだ。

小説そのものの裏で現代音楽の歴史をたどる構成になっている仕掛けだが、特にジョン・ケージのハプニングについての場面は現場にエルズと恋人のマディー、それに盟友リチャードを配し、実況風に描写していて、アメリカ現代音楽の実態を知る上でも興味深い。さらに、もうひとつの仕掛けとしては、ヴェトナム戦争やウッドストック・コンサートから9.11に至るアメリカ史が、エルズの回想の背景に収まっていることだ。当時のポピュラー・ミュージックもバック・グラウンドに流されていて、ああ、あの頃のことなんだ、と野暮な説明抜きで伝わってくる。

最後に、全篇にわたって場面が切り替わるところに、枠で囲まれた短いエピグラフ風の断章が挿入されている。初めはそれが何のことだか、さっぱりわからないまま読み進めるのだが、最後の方になると、その意味が解き明かされる。現代生活にあってはありふれた媒体なのだが、何年か経った後でこの小説を読む読者は、ああ、そういえば当時はこういうものが流行っていたらしい、などと思うのだろうか、といらぬ想像をしてしまった。付録として作中に登場した曲の原題と邦訳が併記された曲目リストがついているのが親切。
[PR]
by abraxasm | 2015-09-16 12:42 | 書評
e0110713_2027980.jpg南ローデシア(現ジンバブエ)を主な舞台とした短篇集。ドリス・レッシングはペルシアに生まれ、五歳の時、南ローデシアに家族で移住。そこで三十年過ごした後英国に渡り、作家となる。副題にあるとおり、アフリカに想を得た短篇ばかりを集めているが、なかには到底短篇とはいえない重量感を持つ中篇も含まれており、読み応えがある。アフリカという異郷の大地がもつ魅力と、そこに暮らす肌の色や伝統・文化を異にする人種の軋轢、わざわざ遠いアフリカに渡ってきた移民が抱える葛藤、少年・少女が大人に抱く反撥や不信感、と主題は豊富だ。

まず言えるのは、舞台となっているアフリカの持つ魅力だろう。夜明けの雲の色、日暮れ時のベランダで迎える満天の星空。小丘(カピ)、沼沢地(フレー)、溝(ガリー)、草原(ヴェルト)といった独特の土地形状。レパード、レイヨウなどの魅力的な動物、ジャカランダ、ハイビスカスなどの熱帯の花々。マラリアを媒介する蚊の襲来、といずれをとってもヨーロッパやアメリカ、アジアの小説ではまずはお目にかかれない大自然の底知れない驚異に溢れている。

しかし、そのなかに暮らす人々を語る語り口は微妙である。南ローデシアは英国の植民地から独立を果たし、ジンバブエ共和国となるまで、南アフリカ連邦と同じ、少数者の白人が現地人である黒人を差別・支配する政治体制下にあった。多感な少女期から大人になるまでにその地で経験したことが作家の問題意識に強い影響を与えたであろうことはまちがいない。そこにあるのは人権的な見地からの差別に対する批判というような単純なものではないのだ。

小さい頃は何も思わずにいた白人と現地人のちがいも、学齢に至れば区別ではなく差別であることに気づく。だが、判断力が育ち、そうした土地を選んで入植した両親に対する批判が可能になるまで、我知らず差別的な体制に属していたし今もまだいるという意識が、主人公の心理や思考を複雑なものとし、差別的な社会の中で心ならずも差別する側にあることの苛立たしさ、苦しさを伝えている。

さらに、英国での生活につまづいてアフリカ移民を志願した人々の中にあるコンプレックスと、何としてでも成り上りたいという向上心、異郷で共に不自由な暮らしを続ける隣人たちが抱く共同体意識と、逆に広大なアフリカに来てまで他人に煩わされたくないという気持ちとの対立が、互いに対する批判、陰口、中傷に発展してゆく。大人と子どもの中間地点にいる少女の目を通して、植民地の農場主たちの偽善的な生活実態が暴かれる。

あるいは、成人女性が二人の男性と一つ家に暮らす難しい愛の形がある。男同士は義兄弟であったり、共通する嗜好を持つ友人であったりするが、どちらの男も主人公を愛しながら、男同士のつながりを切ることができない。危うい均衡を保っての三角関係は、いつかバランスを失い危機が訪れる。ドリス・レッシングが描く女性は独立心が強く、男を頼りにしない強さを持つが、そういう女に魅力を感じる男がいつも複数になるのは、植民地という特殊事情のせいなのだろうか。

白人女性と結婚しない男は性欲の処理のため現地人と関係を持つ。自分の片腕と頼む老人の若妻とも知らず関係を持ったことで、女を死なせてしまった男は、女を殺した豹(レパード)を見つけると殺さずにいられなくなる。戦争の英雄であった男の心のなかにあるヒリヒリするような虚無感を描いた「レパード・ジョージ」は、主人公ジョージの人物造型が巧みでいつまでも心に残る。主役にショーン・ペンを思い浮かべながら勝手に脳内で映画化してしまった。

周りの農場主の言うことを聞かず、自分の思うやり方でトウモロコシを作って行き詰まり、起死回生をねらって金鉱探しを始める夫と、それに批判的な息子の間に立って頭を痛める妻を描く「エルドラド」。自分を無視する父親の代わりに教えを乞うた金鉱堀りの男と息子はついに父の探しそこねた金鉱を発見するのだが、それを知った父はどうしたか。この父親の何かに獲りつかれたような熱中ぶりが凄まじい。

父の雇い主である独身者マッキントッシュに可愛がられて育ったトミーには混血児のダークという親友がいた。しかし、成長するにつれ二人は互いの置かれた環境の差が原因で喧嘩をくり返す。トミーはダークに勉強を教えるうち、ダークが自分より勉強ができることに気づく。実はダークはマッキントッシュが現地人に産ませた子だった。トミーはマッキントッシュに、ダークを大学に行かせることをすすめる。めずらしく後味の爽やかな佳篇。特にマッキントッシュの人物像が魅力的で、とんでもない男なのになぜか憎めない。

アフリカを舞台にしているが、出てくるのはせいぜいがブッシュや草原で、アフリカと聞いて冒険を期待する読者には向いていない。しかし、人物の造型はしっかりしていて、心理描写はたしか、会話も生き生きしてどれもじっくりと読める。読んでいる間、ずっと当時の南ローデシアの地にいて、怖いほどの静寂の中に響く鳥の声や虫の声を聞いているような気がした。
[PR]
by abraxasm | 2015-09-09 20:27 | 書評

覚え書き


by abraxasm