<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

表紙では、Ich Romanと、一人称小説をうたってはいるが、なかなかどうして、そんなひと言で括ってしまえるようなしろものではない。簡単に言えば、用意した数冊の本を一度ばらばらに解体し、二、三ページずつ、きりのいいところでまとめ、それらを時系列にそって、トランプの7ならべでもするように数段に並べておいて、はじめは一段目と二段目を交互に紙取りし、次には、三段目と四段目を交互に、その次は二段目と五段目というように紙を取っていったものを最後にもう一度全部綴じるとできあがる、そんな本なのだ。

話者である「私」は、左手堅という名の詩人で、編集者でもある。といえば分かるように、これは作者平出隆に限りなく近い人物として創造されている。小説は、その「私」が、祖父である左手種作の遺した原稿を頼りに、実はそれまであまり深く知ろうとはしてこなかった祖父や父の姿に迫ろうとする探索行を描いている。

問題は、複数の時系列に沿って、断章形式でぽつりぽつりと提示される探索行の間に挿入される、祖父種作の遺稿にある。在野のエスペランチストで、中西悟道とも親しかった鳥類研究者。独学で学んだ外国語を駆使し、極地探検の記録や金鉱堀りの手記等、少なからずの文章を翻訳している。作者は、祖父の行状を探ったり、祖父の遺稿に登場する人物を調べたりする探索行を記した文章にそれら複数の祖父の遺稿を、やはり断章形式で挿入していく。

読者としては複数の物語が同時進行していくのを追うだけでも大変なのに、その間に、鳥やら樹木やらに関する図鑑ふうの文章まで読まされるわけで、趣味を同じくする人には楽しいのかも知れないが、一般の読者には正直、抵抗のあるところだろう。ただ、弁護するわけではないが、左手種作の手になるとされる文章、平易である上に格調さえ漂うもので、現代日本語の書き手として定評ある作者の文章と交互に並べられても、なんら遜色のない達意の名文である。であるからか、たしかに膨大な量の文章なのだが、終わりに近づくにつれ、この続きが読めなくなる寂しさが襲ってくるから不思議である。
[PR]
by abraxasm | 2010-04-15 18:55 | 書評

鳥を探しに

詩人の平出隆の二作目の小説。二冊目にしてこれか、と思えるほどの堂々たる大作。厚さ約5センチ。二段組み659頁という造本は、まるで辞典サイズ。詩人のこの作品にかける思いが伝わってくる。もともとは「小説推理」に2004年の暮れから2008年の夏まで連載していたものである。

平出隆の名は、堀江敏幸の作品の中で言及されていたと記憶している。『葉書でドナルド・エヴァンズに』だったろうか、あまりはっきり覚えていない。それなのに、この分厚い作品を手にとろうと思ったのは、何かしら惹かれるところがあったのだろう。

自装の表紙に惹句めいた短文が書かれている。「孤独な自然観察者にして翻訳者でもあった男の/遺画稿と遺品の中から/大いなる誘いの声を聴き取りながら育った私は/いつからか、多くの《祖父たち》と出会う探索の旅程にあることに気づく。/絶滅したとされる幻の鳥を求めるように/朝鮮海峡からベルリンへ、南北極地圏の自然へ、そして未知なる故郷へ。/はるかな地平とささやかな呼吸を組み合わせ、/死者たちの語りと連携しながら、数々の時空の断層を踏破する/類ない手法―コラージュによる長篇 Ich-Roman」

すべてはここに語り尽くされている。これはそのような作品である。
[PR]
by abraxasm | 2010-04-12 21:07 | 書評

三多気の桜

そんなに自分が日本人であることをふだんは意識しない。
ところが、春が来て、桜が咲き始めるとどうもそわそわし出す自分がいる。
今年はまだどこにも桜を見に行っていないぞ、と。
くもりのはずだった土曜日。朝からのいい天気にさそわれて桜を見に行くことにした。

場所は三多気。一度行ったが、花はすでに終わっていた。
遅い昼食をしたたためてから、今回はコペンで出かけた。途中難所の仁柿峠を通る。
妻が運転したくないと言うので、久しぶりにコペンのハンドルを握ることにした。

道中はどこもソメイヨシノの花盛り。クローンなので、一斉に咲き、一斉に散るのだそうだ。
それでも寒暖による差はあるらしく、宮川河畔の桜並木は、はや散り始めていた。
仁柿峠は大型車通行不可で、ふだんは通行する車がまれなのだが、この日はちがった。
やたらと対向車が多い。それに不慣れな車が多く、ずいぶん時間がかかった。

三多気の桜は、このあたりでは有名で、わざわざ遠くから観光バスで来る人もいる。
山の中腹にある駐車場はいっぱいだったが、帰る人もいて、少し待って入れた。
へえ、と拍子抜けしたのだが、そのわけはすぐに分かった。
駐車場近くの桜は満開だったが、山上の真福院に至る桜並木は、まだ三分咲き程度。
つぼみのままの木もあっては、人の出もまばらな方なのだろう。

それでも、花の下に敷物を敷いて、花見をしているグループもあり、にぎやかな様子。
ここの花は、一度急坂を上りきって、寺に詣で、その帰り道に楽しむのがいいだろう。
田植えを前に水を満々とたたえた棚田の上に桜の枝がのびる姿は実に美しい。
また、山を背に茅葺き屋根の民家越しに枝を空にのばした山桜もいい。
帰る背に、誰が打つのか山門の鐘がいつまでも余韻を残して響いてきた。

帰り道、曽爾高原に寄ってお亀の湯に浸かったあと、名張経由で帰ることにした。
青蓮寺湖畔の桜が、夕暮れ時の空に映えて、あまりに美しいので、閉めたトップを開けた。
頭の上に桜のトンネルを感じながら走るのは最高の気分だった。

>>アルバムに写真があります。スライドショーでどうぞ。
[PR]
by abraxasm | 2010-04-11 11:52 | 写真

覚え書き


by abraxasm