<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ユリシーズ註解

e0110713_8181767.jpg本が切れたので、書棚に置いてあった『ユリシーズ註解』を読みはじめた。以前、同じ著者の『『ユリシーズ』案内-丸谷才一・誤訳の研究』を読んで感心し、某サイトに、その書評を投稿したことがあるのだが、著者がそれを読んでメールをくれた。その後しばらくして、新刊が出たことを告げるメールがとどいた。それが、この『ユリシーズ註解』である。せっかくの紹介なので、早速書店に注文したのだった。もっとも、ものがものだけに時間の余裕のあるときでないと手にとる気構えができない。それで、紹介が遅れた。

体裁は集英社版『ユリシーズ』と同じ版型で、厚さもほぼ同じ。洋書と同じ横書きであるところはちがうが、書棚に並べるとうまく収まる。あまり気にする人はいないかもしれないが、本好きにとってこうした配慮は嬉しいものだ。で、中身の方だが、相変わらず丸谷氏の訳については手厳しい。原文の一部を引用しながら、それに註解を加えていくというスタイルだから、翻訳に問題があれば触れないわけにはいかない。

どうしてかはしらないが、明らかに誤訳だろうと思えるところは、丸谷訳も柳瀬訳もよく似たまちがいをおかしている。著者によれば、それは原典や現物にあたることなく、ギフォードの註解を孫引きしているからだとにべもない。柳瀬訳は完訳でないので、丸谷氏が槍玉に挙がるのだが、丸谷氏はヨーロッパの生活を知らないからだ、と批判されることが多い。

たとえば、barは、日本語では誰でも酒場と思うから、丸谷氏は「酒場」と自動的に翻訳するが、イギリス(アイルランド)のbarは、立ち飲みの形式で、珈琲やランチも供する軽食堂であることは、一度や二度、ヨーロッパを旅したことがある人なら誰でも知っている事実である。映画にも出てくるし、ヨーロッパ暮らしが長くなくても分かることだ。著者が言いたいのは、手を抜かずに、きちんと調べてから最も適切な言葉を吟味して使えと言うことだろう。

カトリックのミサ典礼をはじめ、著者は実に丁寧に読者を手引きしてくれる。丸谷氏が聖杯と聖杯餐を混同しているといった点は実際の儀式を知らないと難しかろう。ただ、その場合でも専門家に尋ねるといった便法もあるわけで、その手続きさえ怠らなければ誤訳は減ると思う。ただ、せっかく改訳したところが、逆に誤っているという指摘もあって、翻訳の難しさを改めてうかがわせる。

閑話休題。ナボコフは読書は再読だといっているが、まったくその通りで、初読時はわずらわしく思えた脚注が、再読時には物足りなくなっている。『ユリシーズ註解』は、その渇を癒してくれるありがたい一巻である。実際、微に入り細を穿ち、かゆいところに手が届くその詳細な注は、『ユリシーズ』の世界を数層倍に広げてくれるのだ。

一例を挙げるなら、ブルームが肉屋から豚の腎臓を買う場面で、肉屋がそれを包むのに使っていた紙からユダヤ人のパレスチナ入植の歴史が説きおこされるところなどは圧巻としか言いようがない。アグダット・ネタイームという入植者が購入した土地に本人に変わって木を植える仕事をする会社の広告に記載されている住所を確かめるため、エルサレムにあるシオニスト中央文書館まで出向いているというから、筆者の気合いの入れ方は尋常ではない。

実際、当時のダブリンの生活実態を知らずに翻訳すると、carが、自動車なのか荷馬車なのかが分からないようなことが起こる。当時は、まだ自動車はめずらしかったからだ。筆者は関連する書物や写真でどの会社が自動車を使用していたかまで調べている。丸谷氏には気の毒だが、こういう篤実な研究者がこの国にいることをわれわれ読者は感謝しなければならない。

まだ、第6挿話までしか読んでいない。一挿話ずつ、丸谷他訳の『ユリシーズ』と照らし合わせながら読んでいくので、はかがいかない。しかし、まあ、そこが愉しいのだ。一語一句ゆるがせにしないというのは、ジョイスの姿勢でもあったわけで、こういう先達がいてくれるおかげで日本の読者は世界中のジョイス読みの中でも幸せと言えるかもしれない。
[PR]
by abraxasm | 2009-09-27 12:56 | 書評

エビフライカレー

e0110713_17542056.jpg

今日は、MCCのオフ会。
MCCにしては珍しく南伊勢町まで走ってエビフライカレーを食べるというのが今回の企画。
大阪からおやじさんも参加予定。コペンから乗り換えた新車で来るらしい。
集合時間に間に合うように家を出たのに、給油他で時間をとられ間に合わなかった。
いつもの日曜日とちがうので、参加車両は少なめだった。
電気屋さんの情報によればトヨタ系はS・W中も平常勤務だという。

しばらくすると、黒いダイハツHIJETが。バンの後部を上だけ切り取ったトラック仕様。
当然のことながら、みんながやってきて改造やら使い方やらの講釈がはじまる。
たしかにコペンに荷物は詰めないから、バーベキュー会場に荷物を運ぶには便利だろう。
それだけではない。あるはちさんが選挙カーというとおり、荷台に乗りたくなる。
バーを取り付けたり、タープ状の物をつければ、キャンプ仕様だし、使い方いろいろ。
みんなでさんざん盛り上がったことは言うまでもない。

さて、昼から用事のある人がけっこういて、お昼を食べるのは5人だけになった。
妻の車を先頭にサニーロードをひた走ること40分ほどで五ヶ所湾に面したその店についた。
店の名はファイブ。煉瓦造りの円い塔が目印の、このあたりではエビフライで有名な店だ。
金曜日(フライデー)にはフライ類が安くなるのがこの店の売りである。

ビーフカレーとカツカレーがあるが、ここにきたならエビフライでしょうということできまり。
のたりさんはマリンランチ。おやじさんとルーフマンさんはエビフライ定食。
定食のエビフライは、2本から4本までフライの本数が選べる。二人は3本をチョイス。
なかなかの量である。エビフライ好きならこたえられない。これで1600円。

感想だが、エビフライは単体で食べたほうが美味しい。カレーに入れるとえびは食感だけ。
味はカレーの味が勝ってしまう。カツカレーのような脂身でもあれば、またちがうのだろうが。
えびとホタテとアジのフライがセットになったのたりさんのマリンランチが美味しそうだった。
焼きたてのパンが持ち帰れるというので、クロワッサン2個とメープルピーカン3個を注文。
食べ終わった頃に焼きたての香りに包まれて出てきた。メープルピーカンが楽しみだ。

実はメープルとピーカンのコンビネーションについてはけっこううるさい。
以前、伊勢にヨーロッパタイプのパンのセレクトショップができて、そこでよく買ったのが
ピーカンメープルだった。ところが、いつものことで、うちがひいきにするとまず潰れる。
それ以来、ピーカンメープルにはご無沙汰である。これが美味しかったら通うのだが。

この店から400メートルほど行った先にあるグリーングリーンという店も教えてもらった。
のたりさんによれば、ビーフシチューが絶品らしい。最近、胸やけが怖くて食べていないが、
おいしければ胃薬持参で食べてみたいと思う。次の休みが待ち遠しくなる。

食事中はおやじさんの独壇場。大阪人がいかに毎日ネタの収集に励んでいるかが分かる。
きっと大阪ではみんなにしゃべりすぎて知られているので、三重に出張してくるのだろう。
と、これは、のたりさんの説である。一時間ほどまったりして五ヶ所を後にした。
これでシルバーウィークも終わり。なんだか、走ってばかりの連休だった気がする。
[PR]
by abraxasm | 2009-09-23 17:54 | 日記

アンコールワット展

e0110713_20224695.jpg菰野町にあるパラミタミュージアムで開催中の「アンコールワット展」を見に行った。
高速に乗ったとたん反対車線に延々と渋滞の列が続くのが見えた。電光表示にも関鈴鹿間渋滞45分と出ていたので、関で下りて下道を行くことにした。国道1号線から菰野へと続く306号に出て、ほっとしたのも束の間、道路工事で迂回路へ。ところが、この迂回路がまた渋滞中。ままよ、と反対方向を目指したのだった。

ナビの言うままに走っていると、左へという指示が続くのにいやな予感。
全ルートを確認すると大回りしてもとの306号に戻そうとしているではないか。
別の道を探してみるのだが、だんだん道は細くなり最後は行き止まりになる。
どうやら他に迂回路はないらしいが、もとに戻るのも癪だ。四日市に出ることにした。
もともと、湯の山街道を来る予定だったので、予定通りとも言えるが、余計な回り道だった。

アンコールワットは、ずいぶん前に行こうと計画をしていたのだが、時季を外してそのままに。
いずれは訪れるつもりだが、その前に見ておくのもいいだろうという気持ちである。
会場は大勢の人出で大変賑わっていた。ちょっと予想外である。企画展は二階。
一階には池田満寿夫他の常設コレクションの展示がなされていた。

会場内には、アンコール遺跡を撮影した写真を繊維に焼き付けた垂れ幕が下がり、
世界遺産の中で彫刻群に出会うようなエキゾチックな雰囲気が醸し出されていた。
ヒンドゥー教や仏教の神像、仏像が展示の中心であるが、王や王妃の姿を写す像も。
おなじみの歓喜天、像の頭を持つガネーシャ像や烏天狗のモデルになったガルーダ、
「ラーマーヤナ」の英雄で孫悟空を髣髴させるハヌーマンという猿など多彩な顔ぶれ。

クメール彫刻の特長は伏し目がちな切れ長の目に、肉厚の唇、意志の固さを感じさせる顎。
ジャヤヴァルマン7世像を初め、実在した王や王妃をモデルにしたとされる頭像も多いが、
その精神性の高さの表現は仏像に優るとも劣らない。
瞑想的な表情の奥に潜む慈悲心、強固な意志、豊かな教養に裏付けられた知性、感性。
おそらく砂岩かと思われる石を彫っただけの像に、どうしてこうまで迫るものがあるのか。
ほとんど言葉を失ってその前に立ちつくすばかりだった。

三島の『癩王のテラス』のモデルとなった王の像も展示されていた。
その由来はながらくはっきりしなかったが、現在では閻魔像ではないかといわれている。
地獄絵巻に登場する閻魔大王とは似ても似つかぬ静謐な表情を浮かべた座像である。
アンコールトムにある癩王のテラスにあるのはレプリカで、これが本物だとか。
現地に行かずに本物が見られるというのは、ありがたいではないか。

プノンペン国立博物館、シハヌーク・イオン博物館所蔵の全67点はどれも名品揃い。
パラミタミュージアムの会期は9月末まで。その後は、京都他の会場で巡回展示される。
美術館内の庭の散策もふくめ、秋の一日を過ごすには絶好の環境。
東名阪四日市I.Cを下りて湯の山温泉方向。ぜひ一度行かれることをお薦めする。
[PR]
by abraxasm | 2009-09-21 18:44 | 日記

鴨せいろ

e0110713_9272368.jpg

その店は、どうしてこんなところにと思わせるような、市内からはなれた住宅地にあった。
できた当時に一、二度行ったことがあったが、その後なんとなくご無沙汰していた。
今ではどこでも目にするようになったが、当時は色白の蕎麦がたいそうめずらしかった。
店主にきくと殻をきれいにむけば蕎麦の色はこれが当たり前だということだった。

玄関脇のガラス窓の向こうで手打ちを見せるのが新鮮でタウン誌にも採りあげられた。
数寄屋風の造りの座敷が裏にあり、窓の向こうには山間の長閑な風景が広がる。
当時市内にあった蕎麦屋とは、狙う客層がちがっていたのだろう。
うどんが有名な町なのだが、近頃我が町では蕎麦屋がふえてきている気がする。
蕎麦屋の酒という言葉はあるが、うどん屋の酒というのは聞かない。雰囲気がちがう。

せっかくの連休も家でぶらぶらするばかりの身。昼は蕎麦でも、と出かけてきた。
近くの行きつけの蕎麦屋も駐車場がいっぱいでとめられず、この店へ。
ところが、店の中で先客が待っていた。休日の昼はどこも混むようだ。
待つことしばし。やがて奧の座敷が空いたと告げられて席に着いた。

植え込みの木が大きくなって、巣箱がかけられたせいか小鳥が飛び交う様が楽しい。
初秋の山村風景は、刈田の畦道に彼岸花が色を添えているのが明るさを感じさせる。
注文したのは、鴨せいろ。鴨南蛮が人気らしいが、まだ冷たい蕎麦が美味しそうな季節だ。
妻はなめこおろし蕎麦。前に来たときもこれだったような気がすると笑いながら話す。

妻の運転をいいことに、蕎麦屋の酒を楽しむことにする。ちょっと申し訳ない気がする。
ところが、蕎麦が出てもいっこうに酒が来ない。冷やである。燗をつける時間は要らない。
催促してからしばらくして、やっと現れた。蕎麦は半分食べ終わっている。
突き出しになめこが添えられているが、いくらなんでも遅すぎないか。

冷たい蕎麦を、鴨肉と葱を浮かせた暖かい出汁につけて食べる。悠庵の鴨汁と同じ趣向だ。
しかし、脂ののった鴨に併せるにはもう少し出汁に強さがあってもいい気がした。
食べ終わってしばらく待ったが蕎麦湯が出ない。はて、ここは蕎麦湯は出なかったか?
古式手打ちを名乗って蕎麦を商う以上、蕎麦湯くらいはあってもいいのではないか。

物足りない気分で、お茶のお代わりを頼むが、これも返事だけで出てこない。
しびれを切らして店を出た。さっき返事をした店員は店の席に座って昼食中だった。
寒くなったら鴨南蛮を楽しみにしていたのだが、すっかりその気をなくしてしまった。
取材時はどんな対応をしているのかは知らないが近頃めずらしい客あしらいであった。
[PR]
by abraxasm | 2009-09-21 09:28 | 日記

信楽温泉

e0110713_18274818.jpg

MIHOミュージアムで開催中の「若沖ワンダーランド」を見に行った帰りに立ち寄った。
前々から知ってはいたのだが、信楽温泉「多羅尾の湯」は、ゴルフ場内にある。
ゴルフもしないのに入っていくのもなんだかためらわれて行きそびれていた。
ところが、この前行った「やぶっちゃの湯」で、妻が話し相手をしていたおばさん達が、
「信楽温泉もいいのよねえ。」
と、話していたことを聞いて、いつかは行かねばなるまいと心に決めていたのだった。

信楽市街を抜け、少し山道にはいると、あとはほぼ一本道である。看板に従ってすすむうち、
ゴルフ場の入り口にたどり着いた。いかにもカントリークラブといった洒落た道が続いている。
施設内は広く、温泉はゴルフ場とは別棟になっていた。これなら気後れせずに来れる。
信楽のトレードマークのタヌキが入り口で出迎えてくれる。

入湯料は平日千円、休日は千五百円と、少し高めだが、タオル付きである。
バスタオルは無料で借りられる。思いついたら手ぶらでいけるのがありがたい。
食事と入浴セット料金が設定されていた。土日祝日は2800円(平日2400円)。
ホテルレストランのランチで和洋二種類から選べる。その方がお値打ちかもしれない。
あいにくこの日は、美術館内のレストランですませてきたので、規定料金を支払って入った。

ゴルフ場内のホテルに併設されているので、いかにもリゾートホテル風の洒落た造りである。
サンルーム風のガラス天井の下にある内湯の窓はいっぱいに開かれ外の露天が見渡せる。
段差をつけた露天風呂の向こうには、水をたたえた池が広がっている。
階段の上には檜の露天風呂もあり、開放感に溢れている。

泉質は低張性の単純泉。1500メートルの地下から41度のお湯が湧き出ているという。
ほぼ無臭で、初めは気づかないが、しばらくはいっていると肌がつるつるしてくるのが分かる。
昼過ぎの時間帯で、男湯はすいていた。どの浴槽もひとりじめのようなものだ。
サウナの中も一人だった。水風呂に浸かった後、階段を下りて、下の露天風呂に入った。

岩風呂風で下には鉄平石が敷かれている。お湯に浸かると、目の前に池の水面が広がる。
池の向こうは木立になっていて、その上には秋晴れの空にちぎれ雲が浮かんでいる。
立木の梢が枝を伸ばし、額縁状に風景を切り取る効果が素晴らしい。
初秋の風が池をわたってくる。火照った体になんとも心地よい。極楽である。

ゴルフ焼けをした働き盛りの男たちが多いのが、いつもの日帰り温泉との大きなちがい。
いつもは大半が老人ばかりだ。声は大きくて元気だが、体の衰えばかりは隠しようもない。
自分の遠くない未来を予言されているようで、意気阻喪してしまうのである。

帰りは、少し走ると三重県に入った。峠越えのような道で眼下に伊賀が一望の絶景である。
なるほどコペン乗りがこの温泉をよく利用するはずだ。ハンドルを操る面白さがある。
名阪国道のガード下をくぐってさるびの温泉経由で下道を走って帰ってきた。
この程度のドライブだと疲れは感じない。料金は割高だが、リッチなテイストがある。
この次は、レストランの料理とセットのプランで来てみよう、と思った。
[PR]
by abraxasm | 2009-09-13 18:28 | 日帰り温泉

覚え書き


by abraxasm