菜の花畑

e0110713_9223621.jpg

新聞に隣町にある農園の菜の花畑が見頃、と出ていたので、さっそく出かけてみた。
遅い昼食をとろうと、農園にほど近いイタリア料理店を目指したのだったが…。
なんとしたことか、どこまで行ってものろのろ運転の列が続くばかり。
店に着いたときは午後三時を回っていた。
ランチタイムの制限がなかったのが不幸中の幸い。
茄子とベーコンにトマトソースのパスタ、ピッツァ・マルゲリータという定番を注文した。
ペペロンチーノを利かしたトマトソースは絶妙で、たまにはちがったパスタも食べたいのだが、いつもこれになってしまう。そういうと、小粋なギャルソンが、
「皆さん、そうおっしゃいますね」と、相づちをうつのだった。

公園のように整備された農園は、鴨の遊ぶ池や蜜蜂を放す花畑が点在し、かなり広い。
目指す菜の花畑は池を回った向こう側にあった。
すでに日は山の端に傾き、「菜の花畑に入り日薄れ」という歌の文句そのままの光景。
しかし、乏しい光量で、菜の花の黄色が今ひとつ美しく出ない。
とにかく撮影して、後は園内を散歩した。池をめぐる回遊路に三脚を構えた先輩がいた。
落日を映す鴨池の撮影らしい。邪魔をしないように離れたところで、こちらも一枚撮った。
暗い中、オートで撮ったから、カメラの方が自動的にISO400に指定していた。
画像を再生してみると、肌理の粗い画像になっていた。
おまけに、圧縮をかけたのでせっかくの菜の花がつぶれたようになってしまった。
カメラの機能を撮影者が使い切れていない。
少しずつ慣れていくよりないのだろう。
[PR]
by abraxasm | 2007-01-28 09:43 | 日記

覚え書き


by abraxasm