ブライヅヘッドふたたび(岩波文庫版序文)

岩波文庫版『回想のブライヅヘッド』には、作者が後に書いた序文がついている。それが、ちょっとおもしろい。

ウォーが、この作品を書いたのは、戦争当時負傷したか何かで、軍隊を離れていた間らしい。なにしろ戦争中のことで、食べるものや着る物に不自由する状況であった。そのせいか、この小説には、食べ物や飲み物、衣服や車についての記述がやたら頻出する。一例を挙げれば、苺といっしょに飲む白葡萄酒(シャトー・ペラゲー)がそうだ。(映画「プリティー・ウーマン」のなかでは、シャンパンといっしょに苺を食べていたが、どちらが美味しいのだろう)。

それだけではない。文章も作者自身が装飾的な文体になりすぎたことを認めて、できれば書き直したいくらいだと書いているのだが、これも当時日常的に使われる英語自体が貧しいものであったことの反動らしい。

ブライヅヘッドのような建築もまた、フーパーのような若者の時代になれば取り壊されてなくなってしまうだろうという思いがあってとりあげたのだが、英国人の気質は、そう簡単に変わることもなく、カントリー・ハウスもその後注目を集めるようになった。

書いた当時と状況が変わったこともあり、できれば改変したい部分も多々あるようだけれど、そういう部分を愛している読者もいて、書き直すこともできないでいる、という意味のことを書いている。実作者の思いというのがよくわかって興味深い。

たしかに、これでもかというくらい出てくる料理やワインについての蘊蓄は、この小説を必要以上にカタログ小説化していると思っていたが、戦時中の乏しい物資に対する反動であったか。日本も戦争中、英国に負けないほどの食糧難であったが、残念なことに本邦には『ブライヅヘッドふたたび』のように、豊かで華麗な生活を追憶した作品は生まれなかったようだ。

無能な指揮官や、やる気の見えない兵隊ばっかりの軍隊生活に、すっかり愛想を尽かせた語り手のチャールスが、作家自身に擬せられることはあらかじめ分かっていただろうに、軍隊に与えてもらった休暇を利用して、のうのうとこんな作品を書き上げてしまうあたりが、ウォーという作家なのだろう。現実を一歩下がったところから冷静に見つめる視線に、英国人気質を見たような気がする。イギリス人というのは、つくづく食えない国民である。
[PR]
by abraxasm | 2009-12-29 19:17 | 書評

覚え書き


by abraxasm